07/03/03 治療終了
通院11回目 610円
 今週も、朝晩各1回の太く長く軟らかい排便が有り順調でした。排便時間も3分程で終わります。手術前は新聞を持ち込んで、20分はトイレに籠もっていました。ウンチのキレも良くなりました。
 今まで肛門には座浴の際にガーゼ越しに触っていたのですが、直接指で触ってみました。なんか堅くなって、締まりが良くなった様です?手術前は、柔らかくプニプニしていました。(当然外だけです。中に指は入れていません)

 −通院日−
 傷のチェックをし全く問題無し、先生も私の肛門を見飽きたのでしょうか、本日で最後となりましたヽ(^。^)丿
 残っている薬は全部使い切って終了です。また新たにヘモレックスを処方されました。調子の悪い時に朝晩2回使用します。1週間位調子が悪い時は、受診して下さいとのことです。
 もう肛門科に抵抗は有りませんので、調子が悪ければどんどん受診するつもりです。
 また、ウォシュレットも水圧をあまり高くしなければ使用しても良いとのことです。

 というわけで、 長年にわたって患っていた、痔(脱肛)の治療が完了しました。本当にサッパリしました。再発しないように、生活習慣も改めていきたいと思います。
 最後に、私が病院に行く前にいろいろな方の体験談を読んで励み?になりましたので、このページが誰かのお役に立てば幸いです。
 また、某先生並びに某看護師さん、大変お世話になりました。二度とお世話になりに行きたいとは思いません。が、もしもの時はよろしくお願いします。


治療費総計(診断書含):161,150円+ガーゼ、絆創膏等

** 処方された薬をネットでしらべてみました。**
<ヘモレックス>
主な作用:肛門付近の静脈がうっ血して腫れている状態が痔核です。この薬は、炎症を抑える副腎皮質ホルモン、局所麻酔薬に抗生物質(硫酸フラジオマイシン)などを配合したもので、痔核・裂肛の出血、痛み、腫れなどの急性症状を改善します。軟膏は肛門周囲の皮膚炎などに用いられます。
副作用:皮膚のかゆみなどの過敏症状が起こることがあります。局所にカンジダ症などがある人には用いられません。